「宗教と呪術をめぐるヨーロッパ民俗文化」

ヨーロッパの民俗文化についてとくに南欧を中心としたその宗教と呪術をめぐる事象を扱う。「民俗」「宗教」「呪術」「ヨーロッパ」という概念の成立とその諸理論について検討し、実際の民俗文化について事例に即して学ぶ。必要に応じて世界各地の民俗文化との比較も行う。

キーワード:フォーク(民俗)、呪術、宗教、カトリック、聖地、巡礼、南欧、ラテンアメリカ

■8月24日(1~6回)

•自己紹介
•「ヨーロッパ」とは
•民俗とは・民俗学とは・民俗文化とは
•ヨーロッパ民俗学の射程
•呪術/宗教/科学
•生活世界・身体実践・慣習のなかの呪術と宗教
•ヨーロッパ民俗文化としての呪術

■8月25日(7回~9回)

•カトリック民俗について
•巡礼をめぐる民俗文化
•聖母信仰:出現譚、奇跡、黒マリア
•聖地の日常

■8月26日(10~12回)

・ヨーロッパの祝祭
・DVD視聴?
・調べものからの発表

■9月13日(13~15回)
•「新大陸」のヨーロッパ文化
• カトリックをめぐる新旧大陸の民俗文化の相互影響
•「悪者たちの聖者」
•「グアダルーペ」メキシコから世界へ
•「新大陸」の状況から宗教概念・制度の見直しへ

※履修者とそうだんのうえ、上記内容は変更する可能性が大いにあります。