授業はオンラインライブ型(Webテレビ会議)で行います。実施時間帯は水曜日11時00分から12時30分の間です。
MS-Teamsを利用します。あらかじめPCとイヤホン、もしくはスマホ(Wifi接続が望ましい)を用意して接続しておいてください。PC操作演習も行いますので、WindowsPCも必要です。

授業方法:資料事前提示形式と一部ライブ授業形式(MS TEAMS)により行う。

使用する機材:PC(マイク、カメラ付きが望ましいが必須ではない)

教材:テキストと音声ファイルを使用する。

テキスト:指定テキストは『TOEIC Bridge L&R テストで英語演習』です。必ず購入してください。

成績評価:Moodle上で提出する課題と小テストをもとに評価します。


授業方法:資料事前提示方式と一部ライブ形式(後日指示する)により行う。
使用する機材:PC(マイク、カメラ付きが望ましいが必須ではない)
教材:テキストと音声ファイルを使用する。
テキスト:指定テキストは『TOEIC Bridge L&R テストで英語演習』です。必ず購入してください。
成績評価:Moodle上で提出する課題と小テストをもとに評価します。

授業方法:資料事前提示方式と一部ライブ形式(MS TEAMS)により行う。

使用する機材:PC(マイク、カメラ付きが望ましいが必須ではない)

初回(5/15): MoodleのフォルダからMS TEAMSへアクセスすること。

教材:テキストと音声ファイルを使用する。

テキスト:指定のテキストを必ず準備してください。

成績評価:Moodle上で提出する課題と、小テストをもとに評価します。

短大 2年生の科目 

テキスト: 実験国家 アメリカの履歴書 社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡 


1.授業形態:オンデマンド方式により行う(受講生はMoodleのフォルダから資料をダウンロード、動画教材へアクセスし、テキストを参考に各自で学習する)

2.使用機材:PC(カメラやマイクは不要)

3.テキスト:『はじめての英語学』を使用するので準備のこと

4.成績評価:Moodle上で提出する課題と、確認テストにより評価する

5.その他:質問はメール、チャット等で受け付ける(コース内に明記)

6.授業内容を知りたい人は、このコースに自己登録すれば教材等へアクセスできます。

カメラやマイクがなくても受講できます。

1.テキスト購入:この授業はテキストを中心に進めます。指定テキストを必ず用意してください。

2.成績評価:毎週指定する読解とエッセイの課題の提出によって成績評価を行います。

3.授業方法:Moodle上の指示にしたがって、課題を提出してください。

4.2週目からは、担当教員の指示に従って各自で学習してもらいます。

5.学習内容:毎週のフォルダに詳しい内容と課題が入っていますので、毎週必ず確認してください。

English Workshop 1 will focus on issues of intercultural interaction, multiculturalism using various media and readings. 

この科目はセレクトフィールド科目(オフィスエリア)の「インターンシップ入門」です。
オフィスエリアの基礎科目です。ビジネス社会の基本的知識や仕事への取組姿勢等を学びます。

講義では音声ファイルとPDF配布資料を提示します。
自分の都合の良い時間で勉強して下さい。
また、講義の進捗に合わせて課題やレポート作成を求めます。「日時厳守」で提出して下さい。
評価方法は平常点(100%)評価となります。

質問等があれば、メールなどを利用して下さい。
この科目はセレクトフィールド科目(オフィスエリア)の「企業研究」です。
学部1・2年生レベルの経営学やマーケティング論を中心に考察します。
経営学やマーケティングの基礎的理論や原理について学び、企業の諸活動を分析します。

講義では音声ファイルとPDF配布資料を提示します。
自分の都合の良い時間で勉強して下さい。
また、講義の進捗に合わせて課題やレポート作成を求めます。「日時厳守」で提出して下さい。
評価方法は平常点(100%)評価となります。

質問等があれば、メールなどを利用して下さい。

授業はオンラインライブ型(Webテレビ会議)で行います。実施時間帯は火曜日9時20分から10時50分の間です。
MS-Teamsを利用します。あらかじめPCとイヤホン、もしくはスマホ(Wifi接続が望ましい)を用意して接続しておいてください。
PC操作演習も行いますので、WindowsPCも必要です。

1.ゼミの共通テーマ:異文化コミュニケーション

2.テキスト:1年を通して指定テキストを使用するので購入のこと。

3.授業形態:ライブ授業(MS Teams, Zoomを使用;詳細はプリント参照)、Moodleを利用したディスカッション

4.配布物:授業フォルダから各自でダウンロードする。

5.課題提出:Moodle上で行う。

6.その他:個別指導もオンライン(メール、チャット等、通信可能な手段)で行う。



2020年度の卒業研究Ⅰ06(谷ゼミ)を履修したみなさんが、ほぼ毎回確認することになるコースです。オンライン授業として展開される春学期は、このコースにアップロードされた資料を各自ダウンロードしてプリントアウトした上で、各回の授業に臨んで下さい。また、課題や各発表のレジュメも原則としてこのコースにオンライン提出してもらいます。

できる限り、授業はオンライン(Webテレビ会議)で行うことを考えています。
講義時間帯は金曜日11時00分から12時30分です。
学内の「マイクロソフトTeams」を利用します。あらかじめPCやイヤホン、もしくはスマホ(Wifi接続が望ましい)を用意して接続できるか確認して下さい。

ただ、いきなりオンライン授業は難しいと思います。
また、みんなの学習環境の把握も必要となります。
初回の講義は上記に関する資料等をmoodleにアップする予定です。
必ず各自で確認して下さい。
また、講義の進捗に合わせて課題やレポート作成を求めます。「日時厳守」で提出して下さい。
評価方法は平常点(100%)評価となります。

質問等はメールなどを利用して下さい。
問題がなければ、LINEのグループ機能を利用した連絡網を作りたいと思います。
ご協力、宜しくお願い申し上げます。
この科目はベーシックフィールド科目(教養エリア)の「経済学」です。
身近な生活にある諸現象を経済学的な考え方や視点から分析します。

講義では音声ファイルとPDF配布資料を提示します。
自分の都合の良い時間で勉強して下さい。
また、講義の進捗に合わせて課題やレポート作成を求めます。「日時厳守」で提出して下さい。
評価方法は平常点(100%)評価となります。

質問等があれば、メールなどを利用して下さい。