水曜4限「入門講義(現代文化)」です。4人の教員で担当します。

文学部人文社会学科科目インド思想Ⅱ

授業用資料の配布、履修者との連絡等に使用します。


パソコンを購入するとWordやExcelがおまけについてきます。
このExcelをただの表計算ソフトだと思っていませんか?
Excelが持つ VBA(Visual Basic for Application)を使うと簡単なアプリケーションソフトを作成することができます。
実は、Excelは表計算ソフトだけでなくプログラミングツールとしての使い方もあるのです。
この講義では VBA を使い、プログラミングの基礎を学びます。    

2020年度地域分析の教材

社会調査実習の授業で使用します。

社会学演習樫村クラスの授業に使用します。

3年生までの演習の成果(編纂史料・法制史料・記録史料の読解能力、歴史上の論点の検出能力、関係文献の読解能力、および報告能力)を前提として、学生が各自の興味関心に基づいたテーマを設定して、そのテーマに応じた先行研究の整理・検討、史料の収集、史料の検討、テーマに対する具体的分析を行い、参加者全員で討論する。これにより、学生自身による日本古代史の研究を進めていく。

日本古代史の基本的な法制史料である『類聚三代格』を読む。
日本古代史の基本的な史料は、編纂史料(正史類)・法制史料(律令格式)・記録史料(古記録)の三種類である。このうち法制史料は、多少難解ではあるが、古代律令制を理解する上では欠かせない史料である。
この授業では、法制史料を読み進めるとともに、その中に含まれる歴史学上の論点についての報告を課す。

六国史の1つであり、日本古代史の基本史料である『続日本紀』を読み進める。受講生の問題関心により、鎌倉幕府が編纂した歴史書『吾妻鏡』もテキストに加える。
日本古代史の基本的な史料は、編纂史料(正史類)・法制史料(律令格式)・記録史料(古記録)の三種類である。このうち編纂史料は、最も基礎的な史料であるので、二年次配当の授業で取り上げている。
この授業では、編纂史料を読み進めるとともに、その中に含まれる歴史学上の論点についての報告を課す。

摂関期の代表的な日記である、源経頼の『左経記』を読み進める。
日本古代史の基本的な史料は、編纂史料(正史類)・法制史料(律令格式)・記録史料(古記録)の三種類である。このうち記録史料は、古代史に限らず、中世史・近世史・近現代史においても重要な史料である。
この授業では、記録史料を読み進めることを優先するので、演習のように受講生に報告を求めることはない。