経済学のミクロ分析の基礎理論とその応用を学びます。

西洋近世および近代の経済史

この授業では、経済データを使って現実の経済問題を分析し、その本質を理解することを最終的な目的とする。

経済学を学び始めた大学2年次レベルを対象としており、テクニカルな話に問われることなく、理論が実際のデータで

確認されることの面白みを感じてほしい。面白い、もっと深く学びたい、そのような学生さんの知的水準を刺激できればと思っている。

基本的にはエクセルの表計算をソフトを使って、図表を作成しそこから何かをfindingすることにある。

そのため、何か仮説をたてて、それを検証するような作業を行う。





今年度は、グローバリゼーションとは何か。」という切り口で、現代の世界経済が直面する諸問題を考えることにします。入門であることを意識し、国際経済に関する基礎知識の習得にとどまらず、広く周辺知識まで貪欲に組み込んで考察を深めていこうと思います。

この授業からは、一つの正解を得るようなことはありません。受け身で答えを待っていては、困るということです。時には、結局、分からないという結論になることもあるかもしれません。データや文献を大切にして、先入観を捨て去り、世界経済について一緒になって考えていきます。


「韓国経済論」の掲示板です。

経済学の専門領域を英語で講義します。「世界経済の中の日本」という位置づけで講義します・

日本と他国との経済的な違い、あるいは類似点にフォーカスして話ができればと思ってます。

英語で授業しますが、最初は9割以上は日本語、皆さんが慣れてきたのを感じ始めてから、

英語のウエイトを増やしていきます。

成績は、極力、保証しますので、英語の授業は嫌だなと思わないで参加して下さい。


We discuss the Japanese economy in the world. In particular, this lecture will focus on the similarities and the differences 

between Japan and other countries. W e use English and Japanese, both, in this lecture. 

Lastly, we use English only,


2年生用の、ゼミナール形式での、演習科目。専門ゼミの湯準備段階の性格を持つ。

本年は、ケインズの簡単な解説書を読みながら、学びの基礎を確認する。

ゼミにおける資料の配布や課題の提出に使用します。

ゼミにおける資料の配布や課題の提出に使用します。