人間の生存や活動は大気,土壌,水といった自然環境と密接にかかわっている.近年の自然環境問題は,従来の公害問題とは大きく異なり,新しい問題に直面している.本講義では,自然環境問題とその解決法の歴史を紐解き,現在の自然環境問題の特徴を捉える.また,現在の自然環境問題を解決する方法としてリスク論に基づいたリスクマネジメントの考え方について学習する.

GIS演習Ⅰ、水曜日2限、520教室

GIS演習Ⅱ、クラス1、水曜日3限、520教室

2018年春期の「交通運輸政策論」の講義資料を掲載したい。


20世紀の科学と産業、経済の発展は、私たちの生活に豊かさをもたらしたが、現在、大気汚染、海洋汚染、資源・エネルギーの枯渇、地球温暖化等の深刻な地球環境問題を引き起こしている。今のままでは、私たちの社会がたちゆかなくなる危険性が大きい。地球環境問題の概要ついて学び、人と自然が共存してきた昔の暮らし方や新しい自然回帰の動きを参考に持続可能な社会のあり方について考える。また、地球環境問題と地域の問題とのつながり、環境問題の解決や持続可能な社会の形成に向けての地域の活動や地域政策の事例を学び、エコ地域づくりに関連した政策案を作成する。


研究法のまちづくりコースのクラス(蒋クラス、鈴木臣クラス、駒木クラス)の合同のコースです。

地域政策学部、研究法クラス10、火曜日2限、413教室

ゼミナールⅠ(L)。金曜日3限、53J教室

ゼミナールⅡ(12)、金曜日4限、53J教室